通…通販受注・発送対応のみ
休…実店舗・通販共の休業日
※通販日のご商談はお電話にてお問合せください。


比良で沢登り

いよいよ本格的な沢登りシーズンがはじまりました。

先日は、比良の貫井谷でした。登り出してから、少し体調が悪かったので、支点構築やビレイの確認作業などのサポートに回りました。はじめて行きましたが、巻きやすいので、確保しながらリードの練習をするにはちょうど良い沢だと思います。午後には体調も回復し、若干余裕を見せていましたが、最後に山ヒルの襲撃に遭い、若干心が萎えました。。。昼下がりのジョニー必携です。

 

 

 

 

さて、梅雨時期の入渓については、雨量計や河川水位計をチェックしながらコンディションを確認しつつ、予定日の直近まで、フィールドの安全性を確かめるようにしています。土壌の保水力が限界に達していると、少し降っただけでも、河川水位がダイレクトに反応します。過去の雨量や水位変化を追いながら、予想雨量で判断するよう心掛けています。植生や地質などに依り、保水力も変わるので、可能な限りリサーチをしています。保水力のある山はなかなか水位が下がらず、保水力のない山は水位が下がるのも早いです。

河川断面は集水面積と降雨強度等により流量計算され決定されているので、測点が入渓点から離れれば離れるほど、目的とするエリアの水量の判断は困難になります。測点で10cmほどの上昇だから安心と言う訳ではありません。集中豪雨などは特に注意が必要で、エリアごとに降雨量が変わります。天候が不安定な場合には、河川に近づかないという原則は変わらないと思います。

 

山を楽しむ上で、体力や技術力の向上を図ることは大切だと思いますが、それ以上に自然を知ることはもっと大切だと思うようになりました。登山は本当に奥深いものだと改めて感じます。


ブルーアイス ユニバーサルピトン BLUEICE UNIVERSAL PITON

ブルーアイス”ユニバーサルピトン”を試してきました。

厚さ6mm。3mm厚のハーケンを2枚重ねで打つ時など、若干もたつくところも1発でいけます。向きを考えずにスピーディに打てます。重量も70gと、ハーケン2枚分より軽いです。沢にも1つ持っておくと役立ちます。

ヘッドをブレードに対して45°傾けることで、ウエイトが乗るとクラック内で回転する力がかかるため、クラックが水平方向か垂直方向かに関係無く、固定できる構造です。カラビナホールは、2枚かけに対応します。

厚さ6mm、ブレード長75mm、重量70g。

 

 

 

 

 

ブルーアイスのユニバーサルピトンはこちらから