通…通販受注・発送対応のみ
休…実店舗・通販共の休業日
※通販日のご商談はお電話にてお問合せください。


初秋の西鎌〜槍縦走

先日、友人と秋の西鎌尾根〜槍ヶ岳を楽しんできました。



1日目 6:30 新穂高発 - 14:30 双六テン場着

2日目 5:00 双六テン場発 - 9:30 槍ガ岳山荘着 休憩とピークハント含め2時間ほど滞在 11:30 山荘発 - 18:00 新穂高着



なんとも歩き通しの2日間ですが、今シーズン初のテン泊に心躍りました。



わさび小屋。まだ浮いてました。

















鏡平より





鏡平小屋





弓折尾根へ向かう途中。









双六テンバ





早朝5時発 まだ暗い。

























西鎌尾根





槍ヶ岳山荘









ピークにて







長距離を歩くと、疲労と共に、ギアのちょっとしたことが気になります。

特に、バックパック。荷重制限の付いたライトバックを使用する際には、耐荷重を越えないパッキングが非常に重要です。



今回は、そんなライトパックの気になる部分を再確認するため、耐荷重14kgグラナイトギアの廃番バックパック60Lに、敢えての16?を搭載し、約2?オーバーでテストしてみました。



初日、ショルダーハーネスによる肩への負担は、約2?オーバーするだけでも、歩きだして1時間程度で痛みを伴いました。ウエストハーネスを締め上げると、腰から下への負担が大きくなり、筋疲労が増します。

翌日、水、食料で、約3kgシェイプして、13kgで歩いた翌日は、不快感なく歩くことができました。



「鎖場」や「梯子場」が連続するロックセクションでは、腕が上がるように、肩の運動性が損なわれないショルダーベルトのバックパックが調子のですが、ライトパックのショルダーベルトは、わりと細めなので快適でした。



寒くなるこれからの時期、防寒着や食料、ギアなど、春夏よりもスペックの高いモノが必要になります。次第に重量も重くなりがちなので、パッキングの際には、耐荷重をオーバーしないよう気をつけたいものです。





夜になると気温は5℃でした。直ぐに氷点下になりますので、十分なる防寒対策で、秋の山々をお楽しみくださいませ。



ダウンやフリースなど、防寒アイテムも、続々入荷しておりますので、ぜひご覧いただけたらと存じます。

DAYS / ウール裏毛パーカー

昨日より、オーナーは北アルプスでのテント泊(たしか今年初ではないかと・・・)に出掛けております。

昨日も今日も文句なしの快晴なので、きっとサイコーの時間を過ごしているのではないでしょうか。





さて、本日はDAYSより薄くて暖か、ウール裏毛パーカーのご紹介です。



一般的によく見かけるパーカーと比べると薄手に仕上げたDAYSのパーカーです。

肌触りはとても柔らかく、ふわっと軽い着心地に仕上がっております。





このパーカーの特徴の『ウール裏毛』、



実は、裏毛部分にウール素材を使い、保温性を上げているのです。

この時期は軽い羽織りとして、また寒い冬の時期にはアウターの中に忍ばせてより暖かく過ごせる万能なパーカーなのです。





そして、薄手の生地厚で作られているので、アウターの中に着こんでも窮屈感を感じることなく着て頂けます。





シンプルなデザインの中にも、



このように、袖口・裾部分には裏地で切り返し、デザインにちょっとしたアクセントをもたらしております。





着丈は腰をしっかりとカバーしてくれる安心感のある長さで、フロント部分のジッパーは使い勝手の良いダブルジッパーとなっております。





肌寒い朝・晩の羽織りとしてはもちろん、キャンプなどの寒い夜にも重宝しそうな一枚です。

そして気になるお洗濯ですが、ウール混の生地を使っておりますがお家でお洗濯して頂けます。着心地だけでなく、取り扱いもし易いのが本当に大満足です。







色違いで、



オートミール杢もございます。







ワードローブの定番アイテムにおススメです。





DAYS ウール裏毛パーカー (オートミール杢×ベージュ)はこちらから

チャコール杢×インディゴはこちらから





今週はorSlow、GOHEMP、GOWEST、KEENの新作が入荷してまいりました。

この時期使えるアイテムが揃っておりますので、週末お時間ございましたら是非お立ち寄り下さいませ。

お待ちしております。