通…通販受注・発送対応のみ
休…実店舗・通販共の休業日
※通販日のご商談はお電話にてお問合せください。


ビレイデバイス

通常の確保だけでなく、引き上げシステムなどでも役立つビレイデバイス。当店では、現在3つのビレイデバイスをご用意しています。今回はガイドモード機能での操作性を比べてみました。

 

DMM社のピボット。アンカーアタッチメントホールの下に軸を作ることで、リリースがスムーズに行えます。支点(軸)と作用点(ロープ荷重)の距離が近いことと、リリースホールにサイズがあるので、大きなカラビナがかけやすいことから、支点から力点(カラビナ)までの距離を取ることができます。他にも、2つのフリクションモードから選択できるなど、現場状況に応じた使い分けが可能です。3つのビレイデバイス中、最も軽くリリースできました。

 

次いで、SMC社のスパイアー。こちらは、アンカーアタッチメントホールとリリースホールが並列している形状が特徴的となっています。多くのビレイデバイスが下から上へ引き上げてリリースするのに対して、こちらは上から下へ力を加えることで、リリースしようとするもの。計算上ではピボットよりもリリースに大きな力を必要としますが、下方向なので、特にアンカーポイントが高い場合は操作しやすくなります。3つのビレイデバイス中、2番目に軽いです。

 

最後がエーデルリッドのメガジュル。こちらは、装備の軽量化を念頭においたビレーデバイスです。中ではリリースするのに一番力を使いました。支点(アンカーポイント)から作用点(ロープ荷重)までの距離はスパイアーと変わらないくらいでしたが、リリースホールは軽量カラビナ用で口径が小さいので、大きなカラビナはセットできず、支点までの距離が稼げませんでした。あくまで細径ロープとの相性を考え、軽量化に特化した製品なので、そこではないような気もします。実際、ブレーキアシストなどの機能を備えており、細径ロープを扱う際の安全面に対してはしっかりと配慮がなされています。

 

今シーズンは、バックカントリーでのレスキューについても関心をお持ちいただけるよう、店頭にレスキューシステムをセットしています。近年、降雪が安定しないシーズンが続いており、谷割れによる事故事例も報告されておりますので、十分お気をつけください。ブルーアイスの新作軽量ハーネスも届いております。ほか、雪崩用エアバックなどもご用意可能です。詳しくは店頭宛てお尋ねください。

 

 

 


コメント
コメントする