通…通販受注・発送対応のみ
休…実店舗・通販共の休業日
※通販日のご商談はお電話にてお問合せください。


ナビゲーショントレーニング

先週は里山で、ナビゲーショントレーニングでした。

携帯GPSと高度計は使用禁止。コンパスと地図を使って、地形から位置を特定することを課題としました。事前に計画線を入れて、予定通りに歩けたかどうかを確認するという流れです。

 

今回のポイントは2つ。

○取り着いた尾根を登り、高度計・GPSに頼らず、下降する箇所を正確に見つけることができるか。

この日は弱雨で視界は良くありませんでしたので、遠くの目標物から現在地を割り出すことはできません。地形図から特徴的な地形を読み取り、それと近い雰囲気の場所を探ります。これまでのこういったトレーニングをした、ほとんどすべての方が、分岐と予想した箇所が、実際の分岐点よりも低い位置になってしまいます。ちょうどポイント1の箇所です。地形図では、急こう配が終わって平坦な地形であると読み取るので、実際現場で急な地形が終わり少し平坦になった650前後を、分岐と勘違いしてしまうようです。地形図と現場のスケール感に慣れることが大切だと考えます。(地形図が正確であるとの前提でトレーニングしています。)

 

○支尾根にうまく乗り換えることができるか。

現場は草木が林立しており、地形を見失うと谷へと誘い込まれてしまういやらしい場所です。下降の際、藪漕ぎする先行者は、道をつけることに注力するので、ついつい軌道が逸れがちです。後者がコンパスを見て軌道が逸れない様、コールします。雪山登山の視界が悪いときと同じ要領です。750〜651へ上手くナビゲートできるかがポイントでしたが、上手くクリアしました。ポイント2のところ。

 

特に藪を下降するのは登るよりもはるかに難しく、GLに足が着かないくらいの間隔で林立し、背丈ほどもある藪ともなれば、更に困難となります。しかし、方位によって日射や風の影響を受けたり、受けなかったりと、方位と植生には一定の関連性が見受けられるので、その判別が出来ると、比較的歩き易いルートにあたりを付けることもさほど難しくはないと考えています。おもしろいのは、そうしてアタリをつけると大概獣道にリンクすることです。彼らの合理的なライン取りには本当に感心させられます。

 

 

樹皮剥ぎの跡

 

 

結果的には、川を下降して林道から戻ることとしましたが、そこまでは正確に計画通りだったので、概ね上手くいったかと思います。お疲れ様でした。


コメント
コメントする