通…通販受注・発送対応のみ
休…実店舗・通販共の休業日
※通販日のご商談はお電話にてお問合せください。


源流釣行


いつも渓流釣りに訪れるローカルポイント。

少雪の今年は、昨年と比べてやはり水温が高く、スノーブリッジに出会うこともありませんでした。

冬らしい冬が来ないと渓の状態もいまいちとなりますが、今年は少し心配です。

ここ数年、雪があったり無かったり。

 

最深部に入るほどに、水線は細くなってゆく。

もっと奥には大岩魚が、、、というのは妄想であることに気づかされる。

山とはそういうもの。

その先にあるのは無の世界。

 

 

 

同行の先輩が天然物の山ウドを調理してくれました。

根っこは薄皮を剥いで、短冊に切って柚子みそ付けていただきました。

茎から上も、同じく短冊に切って、フライパンで炒め、醤油と砂糖できんぴらに。

野趣あふれる味わいは、お酒のあてにもぴったり。

柚子みそのチューブを持って行くと良いとのこと。

 

岩魚は遠火の強火で水分を抜きながらじっくり焼くと美味い。

燻製の様な風味がたまりません。身を割いて食べるくらいまで燻すと行動食になる。

焚火歴30年のS先輩が教えてくれました。

 

沢復帰の第1戦、無事終えれて良かったです。

ありがとうございました。

 

 


コメント
コメントする