通…通販受注・発送対応のみ
休…実店舗・通販共の休業日
※通販日のご商談はお電話にてお問合せください。


CLIMBING SKIN

クライミングスキンについてのご案内です。

 

スキーを脱ぐか、シールでそのまま登行か、そんな決断を一度迫られた状況で、ここだけ越えれば。。。とシールでそのまま行ってしまうことも正直あるはず(本当はだめですが)。実際それだけでなく、森林限界を超えたあたりで、少し気を抜いた感じでシール登行していると、うっかり凍結斜面に足を踏み入れていたり…。油断は、集中力が途切れたり、慌てたりするときに起こるもののように思います。

 

そんなときに、テールフックが外れているのを発見しようものなら、脂汗がタラタラと。滑り落ちる恐怖を感じた瞬間から前傾姿勢になって、トラクションが効かなくなり、焦れば焦るほど、シールがずるずると剥がれていく。(恥ずかしながら、これは私の経験談です。)

 

ピッケルよりもクランポンが重要と言われているのように、バックカントリ―スキーの世界でもシールはとても重要だと実感しています。特にはじめての山域である場合には、絶対的な安心感のあるシールを選択するようにしています。

 

まずは、トラクション性能。これは、毛足の長さによりことなります。

毛足が長いものはハイトラクション。摩擦性能が高く、急登にも強いのが特徴です。

毛足が短いものは、摩擦性能が低く、ロングルートにあっても疲れにくいのが特徴です。そして自重も軽くなります。

シールは、後方向にはグリップ性がありますが、横方向にはまったくありません。スキークランポンというスキー用のアイゼンを装着することで、横滑りに対応してくれます。(実際、目の前のスキーヤーが、ハードパックされた斜面をシールで登高していた際、横滑りで滑落した人を目撃したことがあります。)

 

材質には、モヘアとナイロンがあります。

一般的にモヘアは滑走性に優れており、また軽量です。

ナイロンは、登坂性に優れており、保管が容易で、コストパフォーマンスに優れています。

 

ついで、板との接着面。

こちらは、現在2種類の接着方式があります。

○シールを持ち運ぶ際に、この接着面同士がくっついてしまわないように、シートが必要な通常のグル―。間違いのない接着能力を持っており、何度も登り返すようなシーンでも、接着性が衰えにくいのが最大の利点です。(G3)

○シリコン系でできた接着面同士がくっつかないグル―。接着面同士をくっつけて運ぶことができるので、シートが不要で、強風下でのシール取付作業等も容易に行えます。(Gecko)

 

テールクリップ

シールを板のテールに固定するためのクリップですが、こちらは、G3のコネクターキットに定評があり、付け替えする方が多いです。クリップが外れることがきっかけとなって、シールが板から離れてしまうこともあるので、重要なパーツです。あまりテンションをかけすぎると、返って外れやすくなるので、注意が必要です。

 

実際は、雪のコンディションやルート、気温などの現場状況や滑るエリア、ほか経験値などによっても選択が変わります。また、万能であるわけでもなく、それぞれに弱点もございます。これから、バックカントリースキーをはじめる方で、ご質問等ございましたら、お気軽にお尋ねください。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする